【健康スポーツ科学科】第1回イノベーション発掘コラボレーション創出ポスター発表大会開催

11月3日,本学寝屋川キャンパスにおいて,第1回イノベーション発掘コラボレーション創出ポスター発表大会が行われました. 本大会は,学内有志によって行われている研究やプロジェクトをお互い発表することで,異なる分野間の新たなコラボレーションを生み出すことを目指して行われています.

本学科からは,研究発表部門で山下研究室から2名,武田研究室から3名, プロジェクト発表部門で武田研究室のハーバルプロジェクト,および中井研究室から1名の学生が発表しました.

多数の来場者で熱気に包まれた会場で,発表者はそれぞれ来場者の質問に熱心に答えていました. 大石学長・理事長も会場に来られ,本学科の発表者に温かい声をかけていただきました. 本学科では,この機会を励みに,卒業研究や各種プロジェクトに注力したいと考えています.

(2018.11.3)

カテゴリー: 未分類 | 【健康スポーツ科学科】第1回イノベーション発掘コラボレーション創出ポスター発表大会開催 はコメントを受け付けていません。

【理学療法学科】海外の先生の講義を受講

   

2018年10月30日から11月4日まで、本学で、マニュアルセラピーインターナショナル 主催の4つのワークショップが開催されました。
「ヤンダ・アプローチ マッスルインバランスに対する評価と治療」
「動的神経筋安定化・発達運動学的アプローチ」
「動的神経筋安定化・発達運動学的アプローチ」
「ムーブメントサイエンスの視点に立った臨床的評価と治療(頸部・上肢帯コース)」

講師はアメリカのClare Frank先生、 チェコのMagdalena Lepsikova先生を はじめ4名で、通訳はアメリカで理学療法士として活躍されている小倉秀子先生を中心に国内の理学療法士3名が担当しました。 このワークショップは世界各国で開催され、理学療法の分野においても注目されています。
本学科の学生は運営を手伝い、講義も聴講させて頂ききました。講師の先生方が興味深い講義やわかりやすく熱心に 実技指導されている様子や、受講されている現職者の方々の真剣な姿勢を、学生は目の当たりにすることができました。
講義に感銘を受けた学生は思いきって講師の先生にお願いしてサインを頂きました。

*ヤンダ・アプローチとは、ブラディミア・ヤンダ氏(Vladimir Janda 1923-2002、チェコの神経学者・リハビリテーション医) によって開発されたものです。感覚システムおよび運動システムの障害によって起こる機能障害に着目し、これにより生じる マッスルインバランスに対する神経・筋骨格系からのアプローチです。
*動的神経筋安定化・発達運動学的アプローチとは、チェコの理学療法士パベル・コーラー(Pavel Kolar)氏によって体系化された、 運動システムの発達における神経生理学側面、発達運動学を基本とした理論です。脊柱の安定化システムを活性化させて機能向上を図るもので、 DNS(Dynamic Neuromuscular Stabilization:動的神経筋安定化)と呼ばれるアプローチです。

カテゴリー: 理学療法学科 | タグ: , , | 【理学療法学科】海外の先生の講義を受講 はコメントを受け付けていません。

【健康スポーツ科学科】本学科の学生と教員がデュアスロン大会でのボランティア活動を行いました

   

10月21日(日)に行われた四條畷ヒルクライムデュアスロン大会(主催:四條畷青年会議所)に,本学科の学生20名, 山下陽一郎教授,中井聖特任教授が運営ボランティアとして参加しました.

大会は四條畷市市制施行50周年記念事業の1つとして行われ,今回が第1回の開催です. 本学四條畷キャンパスの陸上競技場をスタートし,第1ランがキャンパス内の周回コース,バイクは清滝峠から阪奈道路までの周回コース, 第2ランは緑の文化園から府民の森むろいけ園地にかけての周回コースで行われました.

学生たちは主にコース管理やエイドステーションで参加選手をサポートしました. デュアスロンに初めて触れる学生たちは,迫力のあるスピードレースに驚いた様子でした. また,市民スポーツ大会の運営に初めて関わり,裏方の仕事の大事さや大変さを学んだようです. 当日のボランティア活動の詳細は,学園祭のポスター発表会(11月3日(土)13:00~14:00)にて報告予定です.

みなさまのご来場をお待ちしております.

(2018.10.21)

カテゴリー: 健康スポーツ科学科 | タグ: , , | 【健康スポーツ科学科】本学科の学生と教員がデュアスロン大会でのボランティア活動を行いました はコメントを受け付けていません。

【健康スポーツ科学科】2018年度・卒業研究中間報告会を開催

本年度も健康スポーツ科学科の卒業研究生らによる中間発表会を9月28日(金)から10月5日(金)までの約一週間をかけて開催いたしました。

教員だけでなく2,3年次生らも含めて質疑・応答に参加します. 本学科では,卒業研究生らは質疑された内容に対しての回答を文書にまとめ,以降の卒業研究へ反映させる取り組みを毎年行っています. 2,3年次生らも質問した内容と,それに対する回答について報告書をまとめる課題を提出させています.

卒業研究生らは緊張した面持ちで教員や下級生らへ取り組んできた研究内容を発表し,皆さんからの質問を聞き漏らすまいと必死にメモを取っていました. 質問された内容を参考に,研究のラストスパートに入り,優れた卒業論文が仕上がることが期待されます.

(2018.10.1 ー 10.5)

カテゴリー: 健康スポーツ科学科 | タグ: , , | 【健康スポーツ科学科】2018年度・卒業研究中間報告会を開催 はコメントを受け付けていません。

【医療福祉工学科】1・2回生合同 実力試験(2018年9月23日)

—実力を試す!—

年間に4回実施する試験の2回目です。医療福祉工学科での学習内容がどれだけ身についているかが確認できる良い機会です。成績上位者には表彰を,各分野で好成績の学生には成績を証明するカードを授与します。(写真)
第2種ME技術実力検定試験や第1種ME技術実力検定試験に繋がる訓練でもあります。

次回に向けて,皆さん頑張りましょう!

カテゴリー: 医療福祉工学科 | タグ: , , | 【医療福祉工学科】1・2回生合同 実力試験(2018年9月23日) はコメントを受け付けていません。